適切なアイケアの方法【目元のハリを取り戻す】

Menu

基本は血行促進と保湿

美容クリーム

マッサージとアイクリーム

アイケアとは、目の疲労を取りのぞいて快適に機能するようにしたり、小じわやたるみのない目元を作るために特別なケアをしたりすることです。目の疲れは血行不良を招いてクマや乾燥を呼び、乾燥した肌はたるみや小じわにつながります。そのため、この2つのケアはどちらも美しいハリのある目元を作るのに欠かせません。アイケアの基本は、血行を促進することと保湿をすることです。血行を促進するには、優しく丁寧なマッサージを行ったり、ホットタオルを活用するといいでしょう。マッサージをするときは、クリームを塗って滑りをよくした指先をそっとあて、くるくると円を描くようにして血液の流れを促します。このとき、ゴシゴシこすったり、力をいれてはいけません。目の周りの皮膚は他の部位に比べて3分の1程度と極めて薄く、とてもデリケートです。刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素の生成が起こり、色素沈着を起こしてシミやくすみができたり、肌表面が傷ついて水分が蒸発しやすくなって乾燥し、ハリを失ってたるむこともあります。これではアイケアどころではありませんので、力を入れずに優しく行うことを心がけましょう。保湿に関しては、アイケア専用の美容液やクリームを使うのがおすすめです。フェイス全体に使う美容液やクリームでは、肌が薄く水分の保持能力が低い目元の皮膚を十分潤わせるには不十分です。毎日のスキンケアで顔全体に一般的な美容液やクリームをつけたあとに、目元専用の化粧品を丁寧に塗るといいでしょう。手の甲に適量を出して人肌に温め、指先にそってそっと目元に置くように塗布するのがコツです。