適切なアイケアの方法【目元のハリを取り戻す】

Menu

肌が薄く皮脂も少ない部位

鏡を見る女性

乾燥を防ぐケアを

目尻の小じわや目の下のたるみ、クマなど、目の周辺は肌トラブルが起きやすい場所です。これは、目の周りの皮膚がとても薄いためです。身体のほかの部位は0.5〜2mm程度の厚みがありますが、目元はわずか0.2〜0.5mmほどしかないと言われています。そのうえ、目の周辺は汗腺や皮脂腺がほとんどありません。皮脂は汗と混じりながら皮脂膜を形成して天然の保湿クリームとして働き、肌の水分が蒸発するのを防ぎますが、目元はこの皮脂膜が形成されづらいのです。そのため、とても乾燥しやすくなっています。肌は乾燥するとバリア機能が低下し、刺激に弱くなり、しわやたるみなどを起こしやすくなるのです。目元の肌トラブルは、実際以上に老けて見えるもととなります。そのため、トラブルが起こる前に特別なアイケアをして肌を守ることが大切です。たとえば小じわができてもアイケアをせず放置していると、乾燥がすすんで、角層だけでなく真皮層まで到達する深いシワとなってしまいます。こうなると、セルフケアだけでは改善が難しく、プロによるアイケアが必要となってきます。そうならないように、早めにケアするようにしましょう。乾燥しないようにすることが大切ですので、専用のアイケアクリームを使うと効率的です。毎日のスキンケアに取り入れ、顔全体をクリームでお手入れした後に目元にピンポイントで塗るといいでしょう。それと同時に、アイメイクをするときはチップで付けるのではなく指先で優しくのせる、クレンジングのときはポイントメイク専用のリムーバーを使ってそっと落とす、目や瞼は極力こすらないといったことを心がけるのも大事です。デリケートな目元はとにかく刺激を与えないようにする、この鉄則を守りましょう。