適切なアイケアの方法【目元のハリを取り戻す】

Menu

いつものケアにプラスして

アイパックをする人

顔の印象を決めるのに目は重要な役割を持っていると思うので、普段のスキンケアなどのお手入れにアイケアをプラスしてみるのもいいでしょう。目薬をさしたり、クリームを使ってマッサージしたり手軽に顔の印象を変えられるのでおすすめします。

詳しく見る

目元のエイジングケア

婦人

目元は乾燥しやすく、小じわやたるみができやすい部分です。またスマートフォンなどの電子危機の画面を見つめる事による筋肉の緊張や血行不足によりさらに老化現象が起こりやすくなっております。このような目元の老化を防ぐためのアイケアをまとめました。

詳しく見る

基本は血行促進と保湿

美容クリーム

アイケアの基本は、血行促進と保湿です。血行を促進するにはマッサージをしたり、ホットタオルを目にあてたりするといいでしょう。保湿はアイケア専用の美容液やクリームを使うのがおすすめです。目の周りの皮膚はごく薄いため、マッサージするときも化粧品を塗る時も、力を入れずに優しく行うことを心がけましょう。

詳しく見る

肌が薄く皮脂も少ない部位

鏡を見る女性

目の周りの皮膚はほかの部位と比べて薄く皮脂腺や汗腺も少ないため、乾燥しやすく、しわやたるみ、くすみなどの肌トラブルが起こりやすい傾向があります。進行する前に早めにケアをしましょう。アイケアクリームの使用が効果的です。また、日ごろからできるだけ刺激を与えないようにすることも大切です。

詳しく見る

目の周りのケアは必須

女の人

アイケアは自宅でできるマッサージや、アイクリームを普段のスキンケアにプラスワンするように取り込みましょう。アイケアの特徴は肌ケアだけでなく、目を酷使する現代人の目の疲れも軽減することができる細かくとも大切なケアです。いくつになっても魅力的な目を維持しちゃいましょう。

詳しく見る

クリームが必要な理由

レディ

天然素材で刺激が少ない

目は口程に物を言うということわざがあるように、顔のパーツの中でも最も印象を伝える部分が目です。目元がきれいというだけで、顔全体の印象もよくなります。しかし、目の周りは顔の中で最も皮膚が薄くて刺激に弱く、ダメージを受けやすいため、老化が最も進みやすい箇所なのです。そして目元は顔の印象を決める大きな要素なので、目元の老化が進んでいるだけで周りからは老けて見られてしまいます。そのため、若いうちからアイケアを心がけるようにして、目元にダメージが残らないような対策が必要です。アイケアの基本は目元にクリームを塗って、保湿を心がけることですが、目の周りは皮膚が薄い上に汗腺や皮脂腺がないため、顔用のクリームではアイケアの効果をあまり発揮できません。そこでアイケア専用のクリームを使うようにしましょう。目の周りの皮膚は薄いことで刺激に弱くなっているので、刺激の少ないアイケア専用クリームを使うべきですし、目そのものにも刺激物が入ることはよくありません。アイケア専用クリームは、しっとりとした保湿力が強いうえに天然成分だけで作られているものが多く、安心して目元に使っていけると人気になっています。また皮膚が薄いということは刺激に弱いというマイナス点だけではなく、皮膚内部への浸透が高いことも意味します。安全なコラーゲンやヒアルロン酸が配合されているアイケアクリームであれば、目元のハリを取り戻すことができ、アンチエイジング効果が得られます。